365日のイベント解決ブログ

毎日の生活に必要なまめ知識や情報をお届け

年越し蕎麦はなぜ食べるの?お蕎麦の種類やタイミングは??

   

%e5%b9%b4%e8%b6%8a%e3%81%97%e8%95%8e%e9%ba%a6

今年も残り少なくなってきましたね。

本格的に冬がやってきて体と心で一年の終わりを感じ始めているのではないでしょうか。
今回は「年越し蕎麦」について書いてみたいと思います。

年越し蕎麦って家族で年を越すときに、当たり前のように食べていた気がします。

子供のころは食べる意味など関係なく、なぜかお蕎麦が食べられるという特別な行事としか思っていませんでした。

年越し蕎麦を食べる理由、お蕎麦の種類やタイミングなどについて確認していきましょう!

スポンサードリンク

年越し蕎麦を食べる理由はなに?

年越しそばとは大晦日(12月31日)に縁起を担いで食べる蕎麦で、歳末の日本の風物詩として知られています。

地域によってその呼ばれ方にも違いがあります。

晦日蕎麦、大年そば、つごもり蕎麦、運蕎麦、大晦日蕎麦、年取り蕎麦、年切り蕎麦、縁切り蕎麦、寿命蕎麦、福蕎麦、思案蕎麦などなど

一般的には年越し蕎麦と呼ばれていますが、一体なぜお蕎麦を食べるようになったのでしょうか。

・蕎麦は細く長いことから延命・長寿を願ったものであるとする説

・そばが細く長いことに由来する年越しそばの長寿延命の意味は、引越し蕎麦の「末永く宜しく」と意味を通じる

・金銀細工師が金粉銀粉を集める為にそば粉の団子を使用したことから金を集める縁起物であるとする説

・鎌倉時代の謝国明による承天寺の「世直しそば」に由来するという説

・ソバは風雨に叩かれてもその後の晴天で日光を浴びると元気になる事から健康の縁起を担ぐ説

・蕎麦が五臓の毒を取ると信じられていたことに由来するとの説

・蕎麦が切れやすいことから、一年間の苦労や借金を切り捨て翌年に持ち越さないよう願ったという説

・家族の縁が長く続くようにとの意味であるとの説
引用:https://ja.wikipedia.org/

このようにその理由は諸説ありますが、やはりいつの時代も一年の終わり、新しい年を迎える前の厄払い、健康や願掛けなどに由来するようです。

年越し蕎麦を食べる習慣は縁起物として、江戸時代より定着しました。

江戸時代中期には商家に月の末日に蕎麦を食べる三十日蕎麦(みそかそば)という習慣があり、これが転じて大晦日だけに行われる年越し蕎麦になったと考えられているそうです。

スポンサードリンク

お蕎麦の種類は決まっているの?

お蕎麦にも様々な種類があります。

ざる、かけ、きつね、天ぷら、月見などなど

そもそも温かいのか冷たいのか。。。

具や薬味なんかもありますね。

お蕎麦の種類で言えば、更科、藪、田舎、十割などなど

では、年越し蕎麦はどのお蕎麦を食べるのでしょうか?

その答えは・・・

「決まったものはない」です。

なんか拍子抜けになってしまいますね・・・

お蕎麦の歴史は長く、その地域ごとでお蕎麦の種類が違うことが多いです。

つまり年越し蕎麦もその地域ごとに食べられているのです。

特に現在では冷たくても温かくても、好きな具材を入れて楽しむのが主流のようです。

年越し蕎麦を食べるタイミングは?

これは物議を醸す疑問ではないでしょうか。

年を越す前に食べるという人や、年を越しながら食べるという人、年を越してから食べるという人、それぞれいるのではないでしょうか。

正しくはいつ食べるのでしょうか。

こちらの答えも「いつ」という決まりは存在しません。

基本的には大晦日の夕食からのタイミングで、各家庭の都合のいい時でよいのではないでしょうか。

しかし、年越し蕎麦を食べる理由として、蕎麦は細く切れやすいことから「一年の厄(悪いもの)を断ち切る」という意味があるので、年を越す前の大晦日の夜に食べるのが一般的ではないでしょうか。

また、日本では、一般的に年越しにあたり蕎麦を食べる「年越し蕎麦」が多いですが、地方によっては違いがあります。
さらに地方によっては違う時期に蕎麦を食べて大晦日の夜は別の料理を食べる事もあるのです

・福島県の会津地方では、大晦日でなく元旦に蕎麦を食べる事がある。

・新潟県では、大晦日でなく1月14日(小正月の前日)に蕎麦を食べる「十四日(じゅうよっか)そば」や1月1日(元旦)に蕎麦を食べる風習もある。

・福井県では 濃い目のつゆを大根おろしでのばしてそばにかけ、ネギと鰹節をのせた越前そばを食べる人もいる。

・香川県では、大晦日に地元の讃岐うどんを食べる人もいるが、2010年に四国学院大学の学生が香川県民を対象におこなった調査では、前年末に「うどんを食べた」という人の割合は、蕎麦の43%に対して22%であった。このため、さぬきうどん振興協議会がうどんを食べる行事として年明けうどんを展開している。

・沖縄県では、日本そばではなく日常食べる事が多い麺類である沖縄そばを食べる人の割合が多い。

鮭や鰯など異なる料理を食べる地方もあり、地域によって異なる。
引用:https://ja.wikipedia.org/

◆まとめ

基本的にはご自身の育ったご家庭の味や作法がその人の「年越し蕎麦」となりますが、友人や地方の年越し蕎麦を聞いて、食べてみるのも面白いかもしれませんね。

日本人らしい昔ながらの文化ですね。

スポンサードリンク

 - 大晦日 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした